寄り添い、共に創るワークショップデザイン事務所

・ワークショップ開催のサポートをしてほしい ・ファシリテーター/司会進行を頼みたい ・ワールド・カフェを活用した場づくりをしたい ・ワークショップ形式の研修や講座の講師を頼みたい その他、多様な要望に応じて、全力でサポートさせていただきたいと思います。

最新記事

2018年4月28日(土)は、軽井沢風越学園設立準備財団主催の「風越コラボ」キックオフイベントのワークショップデザインとファシリテーターを務めさせていただきました。 会場は、東京都
今日は我が家に、ミミクリデザインの和泉くんと萌子がやってきた。 先日、東大で85分間も話させてもらった「ワールド・カフェの何が面白いのか?」の後日談の映像を撮るためだ。 Take1
日記
絶版だったクルト・レヴィンの待望の復刻本。 さっそく、初版の1948年版のまえがきに、クルト・レヴィン とジョン・デューイの類似性への説明があった。 デューイは民主主義のすぐれた哲

仕事内容

ワークショップデザイン、
ファシリテーター

参加者主体のイベント、企画、研修、授業、講座、合意形成、市民参加などのワークショップの計画・企画・運営(ワークショップデザイン)や司会・進行(ファシリテーター)を行います。

ワールド・カフェ・デザイン

「ワールド・カフェ」という話し合いの手法をより良く活用する為の相談、デザイン、企画、運営、ファシリテーターを行います。

出張講座・研修

ワークショップの研修や講座を出張にて承ります。
古瀬正也
1988年埼玉育ち。東京都北区在住。2008年 ワールド・カフェを体験し、対話に興味を持つ。2010年 47都道府県でワールド・カフェを開催し、延べ1200名が参加。2011年 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部卒業。2012年 「古瀬ワークショップデザイン事務所」を開業。2013年 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。社会デザイン学修士(MBA)。内閣府、文部科学省、消費者庁の中央省庁や行政、民間企業、NPO等、あらゆる分野で300回以上のワークショップを実施。近年では、南山大学のTグループ、トレーナートレーニングなどを経て「体験学習」を基にした研修等も行う。最近では、非構成エンカウンターグループ、円座、ミニカウンセリング、ファミリーコンステレーション、心理療法、能科学などの分野にも触れながら〈目には見えない動きや流れ〉について探求中。