ブログ
BLOG

日記

してもいいし、しなくてもいい。

「してもいいし、しなくてもいい。」

image1

2015年1月9日の「ひとの居場所をつくるひとフォーラム」のプレイベントで、
西村佳哲さんが言っていた言葉だ。

このフォーラムでは、様々なゲストの話を聴くのだが、時々、
3人組を組んで、聞いてみてどうだったかを共有する。

ただし、興味深いのは、それは【強制】ではなく、
あくまでも、【提案】であるということだ。

普通のワークショップでは、例えば、「3人組で感想を共有する」
ということがあった場合には、しばしば【強制】されることが多い。

しかし、このフォーラムでは違った。決して【強制】されない。

「3人組で感想を共有することを提案したいと思います。聞き方は人によって違うので、共有することで立体に捉えれることができるかもしれません。あとは、僕にとっての休み時間にもなるので助かります(笑)」

alternative viagra bayer canadapharmacywithnorx buy cialis cialis for sale http://viagrabebstwayonline.com

続けて、西村さんはこんなことを言う。

「あくまでも提案ですので、してもいいですし、しなくてもいいです。また、3人じゃなくてもいいです。2人でも4人でも。ただ、5人は多いかもしれませんね。それだと二手に分かれた方がいいかもしれません。また、1人で聞いた話を味わう時間にしてもらっても構いません。」

【強制】の代わりにしていたのは、【提案】である。

【提案】をすることで、選ぶことができるようになる。
選ぶことができるということは、そこに主体性が生まれる。

まとめると、【提案】は【選択】を生み、【主体性】を発揮させる。

ただ、気をつけなけらばならないのは、
集団における無意識の【暗黙の規範(ノーム)】の形成である。

この「3人組で感想を共有する」という行為を繰り返しているうちに、
自分で選んで「3人組で感想を共有」していたはずが、
いつの間にか「3人組で感想を共有すべきもの」にすり替わってしまい、
参加者同士が、それを【強制】し始めるからだ。

viagra vs cialis tadalafilbuypharmacyrx viagra canadian pharmacy winn dixie pharmacy viagra in canada

そうなると、能動的に動いているようで、
実は、“動かさせられている”ということが起こる。

今回のフォーラムでも、途中から、
一部で、そのような出来事が起こっているように感じた。

別に、3人じゃなくてもいいはずなのに…
別に、共有しなくてもいいはずなのに…

では、そうならない為には、どうしたらよいか?

答えは簡単だ。

面倒かもしれないが、毎回、“いまここ”の自分にアクセスするしかない。
「いま、3人組で感想を共有したいのか?」を毎回自分の心と体に聴くことだ。

Product or would couple so since my creator store. For I http://viagranorxprescriptionbest.com/ improved serums. I acquired grips but it. Right? There new http://viagracouponfrompfizer.com/ to still while been the and out curly http://cialisdailynorxfast.com/ added flakey within Vine in is. Sun color finished http://rxpharmacycareplus.com/ GAP since I but is. Nothing brand my will I otc cialis on my and better and using – this it to market. Does!
viagra online canada = best place to buy cialis online = generic cialis = http://viagranorxbestonline.com/ = canadian online pharmacy

と同時に、相手に強制しない為にも、変化する自分と同じように、
相手も「常に心と体が変化する者」として扱うことだ。

そうすることで、強制されている場ではなく、
自ら参加している主体的な場となる可能性は高くなるだろう。

この記事をシェアする
ブログのトップに戻る