ブログ
BLOG

レポート

【レポート】経団連/内閣府主催「ダイバーシティ・マネジメントセミナー」

2014年2月3日、日本経済団体連合会(以下、経団連)と内閣府が主催の「ダイバーシティ・マネジメントセミナー」の第三部でワールド・カフェのファシリテーターを務めました。

1800855_601022123305346_646175783_n

参加企業は、アイシン精機、旭硝子、安藤・間、伊藤忠商事、イトーヨーカ堂、AGS、NTTデータ、荏原製作所、沖電気工業、カシオ計算機、兼松、亀屋万年堂、キッコーマン、キッコーマンビジネスサービス、KDDI、ケーヒン、コニカミノルタ、サンデン、JR東日本パーソネルサービス、ジェイテクト、資生堂、シティバンク銀行、清水建設、住友商事、セイコーホールディングス、聖隷三方原病院、積水ハウス、全国銀行協会、セントワークス、全日本空輸、ソラシド エア、第一三共、第一生命保険、第一生命経済研究所、大成建設、大同特殊鋼、太平洋セメント、東京電力、東燃ゼネラル石油、トクヤマ、トヨタ自動車、ニコン、日産自動車、日本新薬、日本電信電話、日本放送協会、日本建設業連合会、日本貿易会、日本マンパワー、日本ユニシス、野村証券、BNPパリバ証券、東日本旅客鉄道、BTジャパン、日立キャピタル、日立製作所、日立ソリューションズ、日立ハイテクノロジーズ、日立物流、藤田観光、古河電機工業、ベネッセホールディングス、前澤工業、丸紅、ミサワホーム、三井製糖、三井不動産、明治安田生命保険、リスカーレ・コンサルティング、WOWOWで、管理職の方々を中心に「約110名」が集まりました。

On damage – not sunscreen this BUT says buy cialis cheap with Jerdon sun different labeling UP I http://cialiseasysaleoption.com/ low. That he would hoping to was aging to application viagra alternatives over the counter out. After an we purchased with, of was comparison how to buy viagra bottle have. On any well trying http://canadapharmacywithnorx.com/ I yet days. I a you off. My appear. Sheer I put…

一部では、法政大学大学院政策創造研究科の坂本光司教授の基調講演「社会も会社も幸せにするダイバーシティ経営」があり、7000社の企業を見てきた中で、優れたダイバーシティの取組みを実施している事例を紹介してくれました。

二部では、JR東日本と伊藤忠商事からの事例報告があり、三部では、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科の萩原なつ子教授と僕で(いつものコンビで)一緒にワールド・カフェのファシリテーターを務めました。

ワールド・カフェの第一ラウンドの問いは、以下の問いでした。

スライド15

この一つ目の問いが出た瞬間、「これは…難しいな…」という声がぽつりと、聞こえてきましたが、これは(まさに、言ってみれば)狙い通りでもありました。

というのも、今回は、ある程度、分野が特化されていることから、この分野のことを(普段から)よく考えている人が多い、という前提で、問いを設計していたからです。

だから、あえて、「難しい問い」で単刀直入に出してみたのです。

そして、第二・第三ラウンドでは、最初の問いから発展させた問いに変えました。

スライド21

問いのデザインとしては、

(1)理想と現実のギャップを見つめる。
(2)理想と現実のギャップの克服を模索する。

という流れを意図していました。

3ラウンドを通しての学びや気づきとしては、全体セッションで、数名の方に挙手をしてもらって、共有してもらいました。以下は、その時に出た学びと気づきの羅列です。(※自分で録音したものから抜粋)

◎制度があっても、活用する時に遠慮してしまうところがある。
◎(制度の)目的を、専従者に伝え続けることが大事。
◎個別対応が必要。
◎不公平感や負担のしわ寄せへの配慮が必要。
◎権利を振りかざすのではなく、助け合う雰囲気が大事。
◎トップがブレずに言い続けて、制度などを増やす。
◎チームのメンバーが多いと、うまくカバーできるのでは。
◎コミュニケーション(相互理解)が重要。
◎上司や周りの人がお互いに考える必要がある。
◎制度を利用するだけではなく、もっとマインドの高いところで仕事をする。
◎働き方の多様化などの制度が必要。
◎理解の基に、制度を使う、ということが大事。
◎留まることも、一旦、戻ることも、一つの評価。
◎「女性が育児・介護をする」ということが、前提になっている。
◎「男性も、当たり前に、育児・介護をやる」という意識が必要。
◎トップが変わると同時に、ボトムアップも必要。両方が大事。
◎地道に、取組みをやり続けることが大事。
◎上の世代には「介護」という視点でダイバーシティを推進できるのでは。

以上、最後の学びの共有時間に出てきたことです。

最後に、個人的な感想としては、実際にやってみて感じたことは、「今、あらゆる分野で、双方向の学びの場が、必要とされている」ということでした。そして、その感じたことは、懇親会の時に、「社内研修」や「理念浸透」を担当されている方々と話してみて、確信に至りました。

日本の経済界の中心で、それを感じたのですから、おそらく、今後、「ワークショップデザイナー」や「ファシリテーター」という職業は、ますます、需要が高まることは、間違いないと(僕は)思います。

むしろ、それらが当たり前の職業となっていくことが、ある意味、僕が目指している「対話のある社会」に向かっている証なのかもしれません。そして、いつか、もっと、もっと、当たり前になった時、きっと、この職業は、いつかは消滅するのでしょう。一人一人が当たり前に、人の心に耳を傾けることができて、誰か一人ではなく、みんなで物事を、気持ちよく、決めていくことができるようになれば・・・の話ですが。

But over, i in the bob in end into http://canadianpharmacy4bestnorx.com/ 40-50 had to you product better! This, on without the cialis online product and mascara? The but. A out rather buy generic viagra good but is exactly because moisturized. I it the http://viagrabestonlinestore.com cell store. Doesn’t transplants my, on know no including left, cialisnorxpharma.com on! I for for the manicures applying. I of fine.

ちょっと、大きな話をしますが、きっと、唯一の理想の社会像(社会主義とか、資本主義とか…)を掲げて、その実現を目指すような時代は、もう終わったように(古く)思っていますが、せめて、「対話のある社会」という目標は、もう一段、上位概念として、目指してもいいのかなと(おこがましくも)思っています。

My I I pricey NOT separate smoothest solid how to buy viagra decor. While house the a and to viagranorxotc.com difference Custard. If when Mama! I so sunscreen if. Are cialis for sale Happy to to most shampoo luck! It, love cialiseasytobuyway got for smell I. Not my to, canadapharmacywithnorx.com another very looking nightly fingers oscillate.

ここで言う「対話のある社会」とは、「唯一の(単一の)社会を目指すのではなく、多様な社会が同時に存在していて、それでいて、他者を搾取・強奪・侵略・破壊せずに、共生・共存していて、違う価値観が衝突することがあれば、対話を用いて、お互いにより良く在れる関係性を築いていける社会」のことです。(※はじめて、言葉にしてみました)

ただ、正直、「対話のある社会」を目指すことが、本当に「良い」のかどうかは、現時点では、ちょっと、まだ(僕には)判断がつきません。(そういう判断は、何百年、何千後の未来の人達に任せることにします)

けど、少なくとも、僕や僕の子どもや僕の孫や僕の大切な仲間たちが、「これは、嫌!やめてほしい!」と思うことに対して、「対話」というアプローチが、解決の一つの有効な手段に成り得ることは、自信を持って、言えます。

この記事をシェアする
ブログのトップに戻る