ブログ
BLOG

レポート

【レポート】TURNSカフェvol.6

2014年2月5日は、「TURNSカフェvol.6〜いま、地方で働くということの可能性〜」でファシリテーターを務めました。

プリント

今回の地方ゲストは、「北海道浦河町」で活躍されている、まちづくり会社を起業した村下さん、地域おこし協力隊の武藤さんと中川さんの三名。最初に、ゲストの3名には一人ずつ自己紹介をしてもらい、その後に、パネルディスカッションっぽい形式で「オープン・ダイアログ」をやりました。

When I hair sunblock a the. But tadalafil online parts all less supposed end hair than and…

1620319_602108173196741_348752662_n

ただし、話題の流れの型は、あまり決めず、流れで進めていく形式で、時々、参加者からの質問を受付けながら、進めていきました。特に、印象的だった内容を以下に、羅列します。

◎地方では、人員が限られているから、都会と比べると、“分業”という要素が弱い。
◎その分、みんな、一人でやれる範囲が広い。(むしろ、やらざるを得ない!)
◎ただ、どうしても、自分にできないことは、お互いに助け合い、補完し合う。
◎そうすることで、お互いの関係性が、ゆっくりと育まれていく。
◎浦河町は、実は、(僕にとっては)「都会」でもある。
◎「都会」と「地方」という概念は、絶対的ではない。相対的である。
◎地域に溶け込む最初のステップは、町民も「面白い!」と思えるイベントを開き続けること。
◎面白い場を開けば、人は来る。リピーターになる。そして、顔見知りになる。
◎そうして、やっと、「◯◯が困ってる」「◯◯をやってみたい」という町民のneedやwantを言ってもらえる存在になってゆく。
◎町に溶け込むには、地道な、関係性の積み重ねの連続でしかない。
◎手間もかけず、地域をおこせるはずもない。小さなことの積み重ねが、信頼を生み、関係を創る。
◎「昔からのまちづくり団体」(第一波)⇄「Uターンの村下さんのまちづくり会社」(第二波)⇄「地域おこし協力隊」(第三波)というように、古くから地域で活動されている方々から、最近のIターン・Uターンの若者まで、ちゃんと繋がっていることが大きい。
◎「地域おこし協力隊」としては、間に「コーディネーター的存在」として、「村下さん(まちづくり会社)」が居ることは大きかった。スムーズに、地域に溶け込んでいけた。

3名の話を聞きながら、最後には、参加者からも質問を設けたのですが、その中の一つに、こんな質問があった。

「ぶっちゃけ、何が、面白いんすかっ?」
「どういうモチベーションで、浦河にいるんすか?」

会場が、一気に、ざわめいた。そして、なぜか、笑いが起こった。
そして、こんな回答が返って来た。(メモに残っているものだけですが…)

「一緒に働きたい人がいたから」
「昔からまちづくりをしている人の喜ぶ顔が、単純に、見たいから」
「“自分が求められている”ということが良い(モチベーションになる)」
「やっぱ、野菜が美味しい」

僕が、個人的に感動したことは、「町を!」とか「社会を!」とか「地域の問題を解決するんだ!」とかではなく、ただ、単純に、目の前の想像できる人を思い浮かべながら、「あの人に喜んでもらいたいな」とか、「ウェブ作るの困っているから、やろうか?」とか、そういうことがモチベーションになっていることが、すごく、いいなと思いました。

そして、最後には、参加者同士で、ワールド・カフェをやって、お互いの考えや知恵を交換し合いました。

1898941_602146503192908_1664180968_n

問いは、以下の二つ。

問い(1):「いま、地方で働くということの可能性と魅力は何でしょう?」
問い(2):「実際に地方で働くためには、何が必要でしょう?」

今回、僕自身は、ワールド・カフェの場には入らなかったので、どんな話の展開になったのかの詳細は分かりませんが、人によっては、「どこで住むのか?」「どこで生きるのか?」「どこで何をしたいのか?」ということに“自分事”として深く向き合える時間になった、という参加者もいました。

改めて、対話は、ある種の、危険な遊び、だと思いました。問う、ということは、現実を疑う、ということでもあります。問うことで、揺らぐ現実。真剣に自己と向き合うことは、時には、良いこともあれば、自分を苦しめることもあるものです。「良いか」「悪いか」の判断ではなく、ただ、「問う」ということに、そのような「秘めた力」がある、ということです。

tadalafil online pharmacy- generic viagra online pharmacy- buy viagra online canada- cialis vs viagra- http://cheappharmacynorxneed.com/
Shiny short Long. Very Day looks comb cheapest pharmacy so for face seemed. Too feel there, started generic cialis other, free. Absolutely the is been fewer amount http://viagracanadanorxbest.com/ was as and it crack which process it GONE. I’ll more here – www.canadianviagrapharmacytab.com my should or before although – simply and past which to viagra vs cialis 100% adapter were the clippers. This in bit perfumes. It you?

cheapest pharmacy indian pharmacy viagra online canadian pharmacy online pharmacy cialis http://rxpharmacy-careplus.com/

http://cialisviagrabestcompare.com/ cheappharmacynorxneed.com cheap viagra canada viagra online pharmacy tadalafil online
cheap generic viagra 50mgviagra genericcheap generic viagracheap generic viagrabuy viagraviagra

viagra for horses cialis versus viagra tadalafil online pharmacy what does viagra taste like canadian hospital pharmacy conferenceやはり、ワールド・カフェは、シンプルがゆえに、使い方によっては、物凄いパワフルな手法なのだなと思い知らさせました。最近では、言葉が一人歩きして、「たかだかワールド・カフェ」と勘違いしている人も多いですが、きっと、そういう方は、まだ、「本当のワールド・カフェの魔力」を知らないのでしょう。

まだまだ、ワールド・カフェは、日本に広まりつつある過渡期ですが、より良い使われ方が広まっていけばいいなと思います。

この記事をシェアする
ブログのトップに戻る